米国公認会計士(USCPA)取得のメリット

PR

米国公認会計士取得するメリットは何でしょうか?

人によってメリットは違うと思いますが、合格者の方々は下記のような事を良く言っています。

  • 希望の就職・転職ができた。
  • 社内で昇進ができた。
  • 異動の希望が通った。

USCPAは転職や、キャリアUPに活かしやすい資格といえます。

転職・キャリアUPに強い理由は2つあります。

1つは、国際的に通用する資格であること。
世界的に通用する資格のおかげで、社内での昇進に役立ったと聞きます。

何かしらのタイトルが無いと評価する側も怖いのだと思います。 そのため、特に外資系などではマネージャー以上の職種の方はMBAや米国公認会計士をもっている方が多い様です。

2つめは、ビジネスパーソンが知っておかなければならない知識も学べ、専門レベルで学べること。
これは転職を決める際に役にたったと聞きます。

言い換えると、ゼネラリストでありながらも、一つの専門分野を身につけることが出来るのです。
つまり、USCPAは会計のプロフェッショナル資格でありながら、ビジネスパーソンが必要な知識も学べる資格なのです。

何か新しいことを始めようとした時、イチから何年も勉強する必要があるとそれだけで大変で、諦めがちになります。しかしながら、広い知識をもちつつ、確かな専門性があれば怖がらずに進む事が出来ます。

もう一つ付け加えるとすれば、希少性です。米国公認会計士試験は、2011年夏まで、米国に渡米して受験する必要がありました。そのため、日本人で受験する人は多くなく、まだ資格取得者は少ないのが現状です。

⇒米国公認会計士の将来性

PR