米国公認会計士(USCPA)をもっと知る

PR

米国公認会計士(USCPA)は就職・転職・昇進をシーンで武器になります。

もちろん、日常の業務でも役にたちます。

私の例も含めて、必要な英語力、給料等を書いていきたいと思います。

USCPA試験合格後の転職

米国公認会計士を取得すれば転職は出来るのか? 転職は資格を取らなくても出来ます。 この資格を取って、何をしたいかで回答は変わります。 会社の規模や行う業務範囲によっても変わってきますが、資格を取らなくても出来かもしれませ...

米国公認会計士(USCPA)の将来性

2011年夏以降、日本で受験できるようになった米国公認会計士試験。 そのため受験者数も増えていると聞きます。 当然、受験者数が増えれば、合格者も増え、米国公認会計士資格の稀少価値は薄れていってしまいます。しかしながら、本...

米国公認会計士の収入

米国公認会計士に合格後、収入は上がります。 (もちろん、今までの同じ仕事をしていたのでは上がらない事もあります) 取得したことによる転職や、業務範囲の拡大、専門的分野に進んだりすることによって収入は上がります。 勤める職...

求められる英語力

米国公認会計士試験に合格するために必要な英語力はtoiec500点でもOKと言われています。リスニングが無いので、英語が苦手な方でも読むことが出来れば大丈夫なんですね。 大学受験の英語が読めれば、後は専門用語を覚えれば読...

USCPAは借金をしてまで取る必要がある?

USCPAの学習を始めようと考えた時、少なくとも30万円以上のまとまった金額が必要になります。 社会人でであれば、これくらいの金額はポンと払えるかも知れません。 ただし、ライセンスまで取得しようと考えた時には、50万円以...
PR