CPE(継続教育)取得方法

PR

継続教育(CPE)とは

米国公認会計士/USCPAのライセンスを維持するには、る継続教育(CPE: Continuing Professional Education)を満たす必要があります。

継続教育の目的は、米国公認会計士として活躍するために、必要な知識をアップデートするためのようです。

詳細な規定は各州によって異るが、多くの州では、3年間で合計120CPE単位の取得が義務付けられています。

多くの学習コンテンツはオンラインで提供されていて、簡単にCPEを獲得することが可能です。

学習コンテンツは、各州会計士委員会が認定したもの、AICPA(米国公認会計士協会)やNASBA(全米会計士委員会連合)が認めたものだけOKです。

おすすめの学習コンテンツ

CPExpress: http://www.cpa2biz.com/

CPExpressはAICPAの提供する代表的な継続教育パッケージの1つです。

1年間のアクセス権を435ドルで購入できます。
アクセス権を手に入れれば、900以上のコースから1,200CPE単位の取得が可能です。
学習内容はBusiness & Industry、Accounting & Auditing、Taxation、Government & Non-Profit、Ethicsなど、様々なカテゴリーから興味のあるものを選択できます。

また、割高になるのでおすすめではないですが、それぞれのカテゴリーのみ購入も可能です。

Web上でスライドを読み、最終試験を受験し、70%以上の正答率を獲得すると修了証明書(Certificate of Completion)が発行されます。何CPEをGETしたかが記載されています。

しかも最終試験が不合格の場合、追加費用なしで何度でも再受験できます。

最終試験は上に何%正解してるかが出るので、選択肢を変えて全問正解にしてから終了すれば不合格になりません。そのため、不合格になるのはむずかしいです・・・。

PR