Licenseを取得するには

PR

Licenseをとることで、州に米国公認会計士として登録出来ます。登録をして、初めて名刺や履歴書に米国公認会計士と記載することが出来ます。

Licenseを取得するには、米国公認会計士試験合格に加え、実務経験が必要です。

実務経験には、会計監査の経験が必要な場合もあれば、経理の経験だけでも取得できます。営業でも取得できるようです。

このLicenseの取得しやすいか否かは、州によって変わってきます。そのため、米国公認会計士試験では出願州の選定が重要になってきます。
出願州によって、日本受験が可能州・不可な州があります。詳しくは出願州の選定をご覧下さい。

取りやすい州は、グアム、モンタナ州、ワシントン州のようです。

グアムに関しては実務経験が無くても(試験合格だけで)取得できるLicenseもあるので、実務経験が無い方はグアムがお勧めですね!

Licenseに関してはアビタスさんのWEB に詳しく記載されています。

シンガポールやオーストラリアでは、米国公認会計士資格を持っていれば、比較的簡単な試験にPASSするだけで、会計士として独占業務を行う事ができるそうです。

PR