米国公認会計士 カリフォルニア州受験資格

PR

カリフォルニア州の受験資格は、下記3点

  • ①4大卒以上
  • ②会計24単位
  • ③ビジネス24単位

ただし、カリフォルニア州のライセンスを取得するのはとても難しいようです。 以下のようなライセンス取得条件があります。

  • ・SSN(米国社会保障番号)を持っていること。
  • ・直属の上司にUSCPA保持者がいて、実務経験を証明するサインの依頼が出来ること。
  • ・カリフォルニア州内での500時間の証明業務を含む、1年または2年以上*の経理関係の実務経験があること。(*150単位以上お持ちの方は1年の経験)

カリフォルニア州内で証明業務経験がない場合、インタビューに出頭し、州外で証明業務を積んだ証明をする必要があります。

その際の提出書類として、クライアントの監査調書(英語)を提出する必要があるのですが、 日本では個人情報保護の為、 監査調書の提出が出来ません。

以上の事から、SSNを持っていてカリフォルニアで働いていらっしゃる、もしくは働く予定がある場合は可能性はあるが、 日本で働きながらのばあい、カリフォルニア州のライセンスは取得でき無いようです。

アビタスさんがカリフォルニアの受験資格・ライセンス取得条件に関して、上記のように詳しく教えてくれました。

受験可能な年齢: None
受験するための、年齢制限無し
米国の市民権が必要か? No
受験するために、アメリカ市民である必要なし
米国に住んでいる必要があるか? None
受験するために、アメリカに住んでいる必要なし
米国社会保障番号が必要か? Unique assigned ID number; Yes for Licensure
米国社会保障番号はライセンス取得の際に必要
総取得単位数 Four-year B.A. degree or higher from a nationally or regionally accredited U.S. institution or the equivalent foreign education
受験には4大卒の学位が必要
会計単位数 Pathway 1 & 2: 24 semester hours or equivalent quarter hours in accounting and 24 hours of business-related courses
会計24単位、ビジネス24単位が必要
受験時に必要な単位数 Until 1/1/14: Complete either B.A. Degree or 150 hours (including B.A. degree). After 1/1/14: Complete 150 hours (including B.A. degree).
2014年からは、Totalで150単位が必要
License取得に必要な経験 Pathway 1: 2 years. Pathway 2: 1 year. Both are general experience which includes any type of service or advice involving the use of accounting, attest, compilation, management advisory, financial advisory, tax or consulting skills. For those wishing to sign attest reports, the experience shall include 500 hours of Attest.
License取得時にEthics examが必要か? Must pass California Professional Ethics Exam.
PR