米国公認会計士試験 2013年度(4半期)合格率

米国公認会計士試験は科目合格ができ、1科目ずつ受験することができます。
そして、
米国公認会計士協会が4半期に1度、科目ごとの合格率を公表しています。

以下の表は、米国公認会計士協会から公表されたものです。

AICPA(米国公認会計士協会)公表資料 
UNIFORM CPA EXAMINATION PASSING RATES 2013

Section 2013 1Q 前2012年度 
試験科目 1・2月 試験 年間累積結果
FAR 47.16% 47.97%
BEC 53.47% 52.83%
REG 47.57% 48.15%
AUD 45.19% 46.89%

これだけ見ると半分は合格してますが、アメリカの受験者はだいたい会計系の学部を卒業している人たちです。
日本人だけの合格率だと、おそらくこれよりも低くなると思います。

PR
PR