広がっていく相互承認協定(MRA:Mutual Recognition Agreement)

現在、カナダ、メキシコ、オーストラリア、ニュージーランド、アイルランド、香港の会計士協会、米国公認会計士協会は、公認会計士資格の相互承認協定のと協定が契約されているようです。

USCPA試験のRegulation科目とほぼ同じ、IQEXという試験合格すれば、上記の国々の公認会計士は、米国公認会計士資格の取得ができます。
USCPAを取得している人は、相互承認協定を結んでいる国の会計士資格を取得でます(一定の手続きが必要です)。

米国とシンガポールも相互承認協定とは異なるようですが、相互承認と同じような協定があり、USCPAを取得している人は、5日間の研修をシンガポールで受けて、シンガポールの税法等の試験にPASSすれば、シンガポールの公認会計士資格を取得することができるとのことです。

今後、こういった相互承認協定はますます広がっていくと思います。   2013-03-17

PR
PR